車検

環境車検を行うことによって、燃費向上による温暖化防止や、タイヤやエンジン整備による騒音・振動を低減し、新車時の環境性能を回復することが出来ます。
具体的には、入庫時にガステスターによる排気ガスチェックでエンジン性能をチェックするほか、

  • エンジンチェック
  • タイヤの空気圧チェック
  • 化学合成オイルへのオイル交換

で燃費向上を図ります。

あなたと環境に優しい3つのポイント

1.排気ガスのクリーン化

大気汚染の原因となる車の排気ガスの有害物質、一酸化炭素(CO)、二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)を大幅に削減します。

2.新車時の性能を復活

使用燃料の完全燃焼により、エンジンがスムーズに作動し、新車時に近いパワーが復活します。

3.2年間の安心点検付

車検終了後、一年間安心保証もついています。

環境ブランド車検料金表(税込)

車種 軽自動車 小型乗用
1,0t未満
中型乗用
1,5t未満
大型乗用
2,0t未満
基本料金 14,300 14,300 14,300 14,300

法定費用
(諸費用)

自賠責保険 19,730 20,010
重量税 6,600 16,400 24,600 32,800
印紙税 1,500 1,600
合計 42,130 52,310 60,510 68,710

※上記金額には、法定56項目の点検費用が含まれております。
※上記は重量税が初年度登録より13年未満、非エコカーの場合の金額表となっております。
※消耗品、不合格品及び各種調整作業が発生した場合は別料金となります。
※同一車種でも年式、重量によって重量税が異なる場合がございます。
※車検の合格日により、自賠責保険料が変わる場合がございます。
※車検は期限日の40日前から。有効期限は変わりません。
※自賠責保険の更新は、車検時に当店にて承ります。

環境整備の内容

エンジンクリーニング

エンジンチェック

タイヤチェック

Fotolia_A_40246009_男性作業員_ホイールを止める_工場内__M

タイヤチェック

車検の流れ

1

ご来店・受付

ご持参いただく書類は、「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」です。「認めの印鑑」も必ずご持参ください。
書類の内容を確認し、ご要望や気になる点などを伺います。

2

車の点検

法で定められた項目の点検を行い、車検保安基準に適合しているかどうかを確認します。
その後、点検の結果をお伝えし、車検保安基準に適合させるために必要な作業と今後のメンテナンスについて、ご相談させていただきます。

3

整備・検査

お客様と決めた内容に沿って整備を行います。
最後に完成検査を行い、整備完了です。そして指定整備記録簿、保安基準適合書などの書類を発行します。

4

お会計

実施した整備内容のご説明と、今後のメンテナンスについてアドバイスします。
必要に応じてお見積りもご案内します。

環境車検のよくある質問

車検の際に準備するものはありますか?

「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」「認めの印鑑」を必ずご持参ください。

車検と定期点検整備の違いは何ですか?
【車検整備】自動車の安全面や公害防止面が基準に適しているかを検査します。
【定期点検整備】自動車の各部の損耗や劣化の状況などを確認し、必要な調整・交換・修理をします。
車検の有効期限が切れてしまったのですが、どうすればよいでしょうか?
車検の有効期限が切れている場合には、公道を走ることができません。
以下のどちらかの方法でお車を配送してください。
・当社にてレッカー搬送する
・市町村で仮ナンバーを取得し回送する

ご相談・お見積りのご依頼はお気軽にどうぞ

Tel.0883-42-5123

営業時間  月・火・木・金(8:30~18:00)

     水・土(8:30~17:30)

     日(8:30~17:00)
定休日:祝日

ページトップへ